ページの本文です。

資格関連

2017年6月30日更新

本学で保証している、学部卒業で取得可能な心理学関連の資格は、国家資格としては博物館学芸員、民間資格としては社会調査士(注)などがあります。これらの取得には、心理学科カリキュラム以外に、大学が設置している指定科目を履修しなければなりません。そのほか心理学科専門科目の履修で取得できる資格には、民間資格として、認定心理士(注)などがあります。
注:資格認定団体等に申請が必要

特記すべき事項としては、平成27年度に成立した公認心理師法により国家資格となった公認心理師資格があります。この資格は、課程認定ではなく、科目認定であり、基本的には、学部と大学院とで、指定された科目を履修することにより、受験資格が得られます。学部における指定科目は、基礎・実証系心理学科目と臨床・実践系心理学科目が融合されており、本心理学科の教育理念と合致しています。心理学科は、この指定科目を、すべて用意する予定です。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加