ページの本文です。

生活科学部の概要

2016年6月7日更新

紫陽花

お茶の水女子大学生活科学部は、家政学部を改組して、1992年10月に誕生し、1993年4月に第一回入学者を迎えました。新しい学部になってからの歴史は浅いですが、その母体となった家政学部(1950年創立)から数えれば半世紀の歴史を持っています。

家政学部から生活科学部への変革は、そのまま社会における女性の位置や役割、そしてそれらに対する認識の変化に対応するものであるといえましょう。そしてそれに応じて、生活科学は、家政学に比べてはるかに広い問題領域を対象とするようになりました。しかし生活科学の固有性は、どこまでも人間生活という視点に立つところにあります。そのような意味で生活科学は、身体と精神にかかわる諸問題を人間生活という視点から捉え直す包括科学であるといえます。


以下に詳しい各学科・講座の説明をご覧になられることと思いますが、生活科学の対象の広がりと深さについて十分ご理解いただけるものと思います。

21世紀の学問が人間中心のものとなるであろうことは人のよく指摘するところですが、この生活科学部こそ、その先取りをして新しい研究を進め、教育に当たっているユニークな学部であることを広くみなさんに訴えたいと思います。

お問い合わせ
 

入試または大学見学に関するお問い合わせは、
お茶の水女子大学・入試課 または 企画戦略課(広報担当)までご連絡下さい。

入試課
電話 03-5978-5151,5152
e-mail: nyushi@cc.ocha.ac.jp

企画戦略課(広報担当)
電話 03-5978-5105
e-mail: info@cc.ocha.ac.jp

 

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加