ページの本文です。

同窓会

2016年6月23日更新

花経会について

花経会について

「花経会(かけいかい)」は、生活社会科学講座とその前身の家庭経営学科の卒業生によって構成されている同窓会です。全学規模の「桜蔭会」に比べ、一講座(学科)の卒業生のみで構成される「花経会」では、会員の問題関心に共通部分も多く、会員のニーズに沿いやすいというメリットがあります。

主な活動
  • 総会とシンポジウムの開催(隔年)
  • 生活社会科学講座との共催イベントの開催
  • 会報「花経会だより」発行(年2回)
  • 家庭科教員等の求人情報の発信
  • 優秀卒業論文への花経会賞授与
年会費(1,500円)

2年に一度、納入をお願いしております。郵便振替のほか、コンビニ支払いも可能です。

花経会 連絡先

住所変更その他ご連絡はこちらへ

【代表メールアドレス】

E-mail:kakeikai@web-dousoukai.com

【ホームページ】

www.web-dousoukai.com/kakeikai/(新しいウインドウが開きます)

マイページから、ご自身で登録情報の確認、更新ができます。

生活社会科学研究会

生活社会科学研究会は同窓生によっても支えられています。

花経会からのお知らせ

花経会からのお知らせ

花経会ホームページ・WEB名簿管理システムについて

花経会は今年で発足から25年目を迎えます。その間に会員数はおおむね倍増し、また情報通信技術の発達・普及によって、コミュニケーションや情報収集の手段も大きく変化し、花経会も対応を余儀なくされております。
そこでこのたび、名簿管理をコンピューターシステムに移管いたしました。印刷物による名簿の発行は廃止し、個々の会員がご自身で住所変更等をしていただけるようになっております。さらに花経会のウェブサイトも充実させ、タイムリーに情報提供できるよう努め、会員の皆様と密にコミュニケーションが取れるようにしてまいりたいと思います。電子メールやソーシャル・ネットワーキング・サービスの普及により、同期の親しい方との交流は容易になりましたが、同じ家経・生社で学んだ経験を持つ、幅広い世代の方との出会いには、同窓会が一役買っていると自負しております。花経会が今後も存続・発展していくことができますよう、皆様からの暖かいご支援をお願い申し上げます。

(機関誌「花経会だより」49号より一部抜粋)

花経会賞を授与しました!

花経会では2005年から毎年、生活社会科学講座の優秀な卒業論文3編以内に、賞状および金一封を「花経会賞」として授与しています。
2017年度の授賞論文題目は下記のとおりです。おめでとうございます!

  • 高等学校におけるセクシュアル・マイノリティ生徒への対応と性教育―家庭科・保健体育科教員へのインタビュー調査から―
  • 外国人家事労働者受け入れの課題と展望―フィリピン人家事労働者とインドネシア在住の日本人雇用主への聞き取り調査から―
  • フィリピンが誇る「女性が活躍する社会」に潜む性別役割分業意識と経済格差―現地での管理職女性と家事労働女性へのインタビューを通して―
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加