ページの本文です。

岩壁茂(いわかべしげる)准教授

2016年6月22日更新

教員紹介

先生教室

専門分野

心理療法学

研究テーマ

  • 心理療法プロセスと効果の研究と方法論
  • 治療的失敗やドロップアウト(早期終結)
  • 心理療法統合
  • 臨床家の職業的自己の発展と訓練
  • 心理的健康における感情の役割 (特に恥・罪悪感などの自意識感情)
  • 心理療法理論と実践における文化的要因
  • 産業におけるメンタルヘルス
岩壁茂 研究室のサイトへ

担当授業

【 学部 】

  • カウンセリング論
  • 心理臨床研究演習
  • 面接法
  • 発達臨床論文演習

【 大学院 】

  • 臨床心理学研究法特論(理論)
  • 臨床心理学特論(実践)
  • 臨床心理基礎実習

プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
早稲田大学の政治経済学部経済学科を卒業後、カナダ・ケベック州モントリオールにあるマッギル大学に学士編入し、心理学を学び、その後同大学大学院でカウンセリング心理学の博士号を取得しました。
札幌学院大学に4年間勤務したあとお茶大に着任しました。

大学院では、心理療法プロセス研究に関心をもちました。
人は毎日の生活の中でいろいろな人といろいろなことについて話します。
しかし、カウンセリング・心理療法で話すことは、ふだんの会話よりも人を変える力となりやすいのです。
その会話の特徴について理解することに関心をもち、研究をしています。
中でも、クライエントが面接において感情を体験し、それを表し、セラピストに共感されるといった感情とかかわる場面の分析に注目しています。

研究と教育

現在の研究のテーマは、より広く「人はどのように変わるのか」「どうやってそのプロセスを促進できるのか」ということです。そのような瞬間がどのようにして起こるのか、様々な方法を使って研究していきます。
また、そのようなプロセスを促進するための援助のあり方について学びます。

カウンセリング心理学では、知識や技法を正確に学ぶだけでなく、それらを使って自分について振り返り、自分の中に統合していくというプロセスが大切になります。
そのために、授業はいろいろな考えや感じ方などを試す実験の場にもなります。

このようなテーマについて学生の皆さんと一緒に探求していきたいと願っております。

主な業績

【 著書 】

  • 平木典子・岩壁茂・福島哲夫(共編著).新世紀うつ病治療・支援論 ー うつに対する統合アプローチ.金剛出版.
  • 岩壁茂.(2010)はじめて学ぶ臨床心理学の質的研究 ー 方法とプロセス.岩崎学術出版社.
  • 岩壁茂.(2008) プロセス研究の方法 新曜社
  • 岩壁茂.(2007) 心理療法・失敗例の臨床研究 — その予防と治療関係の立て直し.金剛出版.

【 訳書 】

  • 岩壁茂.(監訳)(2011) ダイニングテーブルのミイラ セラピストが語る奇妙な臨床事例 — セラピストはクライエントから何を学ぶのか.ジェフリー・コトラー ジョン・カールソン (編著).門脇陽子・森田由美(訳).福村出版.
  • 岩壁茂.(2007)こどもと家族を援助する.統合的心理療法のアプローチ.エレン・ワクテル(著).佐々木千恵(共訳) 星和書店.
  • 岩壁茂.(2006)感情に働きかける面接技法 — 心理療法の統合的アプローチ.レスリー・グリーンバーグ(他著).誠信書房.
  • 岩壁茂.(訳・解説).(2003):心理療法の構造:アメリカ心理学会による12の理論の解説書. 誠信書房.[原題:The anatomy of psychotherapy: Viewer’s guide to the APA psychotherapy videotape series. By VandenBos, Gary, R., Frank-McNeil, J. F., Norcross, J. C., & Freedheim, D. K. (1995). Washington, DC: American Psychological Association.]

【 論文と学会発表 】

(2011年)
  • Greenberg, L. S., & Iwakabe, S. (2011). Emotion-focused therapy and shame. In R. L. Dearing & J. P. Tangney (Eds.), Shame in the therapeutic hour (pp.69-90). Washington, DC: American Psychological Association.
  • Iwakabe, S. (2011). Commentary: Extending systematic case study method: Generating and testing hypotheses about therapeutic factors through comparisons of successful and unsuccessful cases. Pragmatic Case Studies in Psychotherapy, 7, 339-350.
  • Iwakabe, S., & Enns, C. Z. (in press). Counselling and psychotherapy in Japan. Scheduled for publication in R. Moodley, U. P. Gielen, & R. Wu (Eds.), Handbook of counselling and psychotherapy in an international context. Routledge.
  • 岩壁茂(2011). 情動と言葉 ー 感情焦点化療法の立場から.現代のエスプリ, 530, 93-106.
  • 岩壁茂(2011). 心理療法のエビデンスー効果研究とメタ分析が示す治療的要因.心と社会,143.
  • 岩壁茂(2011). 引き継ぎで遭遇する困難.札幌学院大学心理臨床センター紀要, 10.
  • 岩壁茂(2011). 効果研究とプロセス研究.心理臨床学事典.丸善.
  • Fukushima, T., Iwakabe, S., & Ito, M. (2011, June). Varieties of therapist affirmation responses; A culture-specific imperative or transcultural therapeutic factor? Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Bern. Switzerland.
  • Ito, M., Iwakabe, S., & Greenberg, L. (2011, June). Self-soothing in psychotherapy: Theoretical classification and a single case study. Poster presented at the annual meeting of the Society for Psychotherapy Research, Bern, Switzerland.
  • Iwakabe, S. (2011, June). Psychotherapy case studies in Japan. A structured Discussion group organized by Daniel Fishman at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Bern, Switzerland.
  • Iwakabe, S. (2011, June). Psychotherapy In Japana. "Hallmarks of psychotherapy research, take 3: Encouters and challenges between generations and cultures: A structured Discussion group organized by Louis Castonguay at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Bern, Switzerland.
(2010年)
  • 岩壁茂(2010):初回面接における共感的反射と共感的肯定。精神療法,36, 509-510.
  • 岩壁茂(2010):感情と体験の心理療法 過去の感情的傷つきをどう扱うか ー "Unfinished business" と空の椅子の対話. 臨床心理学, 10, 741-749.
  • 岩壁茂(2010):感情と体験の心理療法 自己批判による葛藤と二つの椅子の対話 ー 対立する二つの自己をどう統合するか. 臨床心理学, 10, 574-582.
  • 岩壁茂(2010):感情と体験の心理療法 感情調整. 臨床心理学, 10, 420-428.
  • 岩壁茂(2010):感情と体験の心理療法 感情の気づきを高めるために. 臨床心理学, 10, 274-282.
  • 岩壁茂(2010):感情と体験の心理療法 共感的肯定と共感的探索 ー 共感を基礎とした介入課題. 臨床心理学, 10, 91-99.
  • Iwakabe, S. (2010, June). (Discussant).The Individual- Case- Comparison (ICC) method for systematically comparing good-­outcome and poor-­outcome RCT clients. Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.
  • Iwakabe, S. (2010, June). (Discussant). Research on psychotherapists in Asia: New studies from the SPR collaborative research network. Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.
  • Iwakabe, S. (2010, June). (Discussant). Self and mind: Can we agree on what we are trying to change here? Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.
  • Iwakabe, S. (2010, June). (Discussant). Learning from treatment failures. Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.
  • Iwakabe, S. (2010, June). (Discussant). Emotion and narrative change processes in individual and couple therapy. Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Asilomar, California.
  • Iwakabe, S. (2010, May). (Discussant). Common versus specific principles of emotion regulation in Dialectical Behavior Therapy and Emotion-Focused Therapy. Symposiumpresented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Firenze, Italy.
  • Iwakabe, S. (2010, May). (Discussant). Comparing two approaches to integrative case formulation with a Japanese client. Symposium presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Firenze, Italy.
  • Ito, M., Greenberg, L. S., Iwakabe, S., & Pascual-Leone, A. (2010, May). A task analysis for self-soothing process in emotion-focused therapy. Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Firenze, Italy.
  • 横田悠季・岩壁茂 (2010,論文発表): 困難な面接場面における臨床家の主観的体験 ー 質的分析を用いて.日本心理臨床学会第29回大会.
  • 岩壁茂 (2010): 臨床家のうつ、臨床家のストレス、セルフケア.日本心理臨床学会第29回大会.自主シンポジウム「臨床家のストレスと癒しについて考える」(企画・金沢吉展).
(2009年)
  • 岩壁茂(2009):効果研究とプロセス研究 — 心理療法・カウンセリングの実証的基盤(前).日本大学文理学部心理臨床センター紀要,6, 73-85.
  • 岩壁 茂(2009):実践研究を発展させるために —心理療法の効果とプロセスの研究から 感情の役割と感情の作業の治療原則.臨床心理学,9,14-21.
  • 岩壁 茂(2009):感情と体験の心理療法 (1)感情の役割と感情の作業の治療原則.臨床心理学,9,249-258.
  • 岩壁 茂(2009):感情と体験の心理療法 感情のアセスメント (1).臨床心理学,9,395-402.
  • 岩壁 茂(2009):感情と体験の心理療法 感情のアセスメント (2).臨床心理学,9,534-542.
  • 岩壁 茂(2009):感情と体験の心理療法 介入の段階と中心的作業.臨床心理学,9,660-668.
  • 岩壁 茂(2009):感情焦点化療法の立場から 実行委員会企画シンポジウム 2「うつの理解とアプローチをめぐって」日本心理臨床学会第28回大会.
  • 山口慶子・佐合累・岩壁茂・金沢吉展(2009): 心理臨床家の職業的発達に関する調査から:(8)大学院における学習体験に関する質的分析」日本心理臨床学会第28回大会.
  • 佐合累・山口慶子・岩壁茂・金沢吉展(2009): 「心理臨床家の職業的発達に関する調査から:(9)大学院の困難体験に関する質的分析」日本心理臨床学会第28回大会.
  • Iwakabe, S., & Gazzola, N. (2009). From single-case studies to practice-based knowledge: Aggregating and synthesizing case studies. Psychotherapy Research, 19, 1-11.
(2008年)
  • Shigeru Iwakabe (2008, June). Grounded theory analysis on client experience in the initial psychotherapy session. Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Barcelona, Spain.
  • Shigeru Iwakabe (2008, May). Mismatch between therapist and client in therapeutic failures: A qualitative study on therapist perspective. Paper presented at the annual meeting of The Society for Exploration of Psychotherapy Integration, Boston.
  • Shigeru Iwakabe (2008, June). (Discussant). New vistas on an inconvenient topic: The instructive impact of failures in psychotherapy(moderator Annegret Conrad). Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Barcelona, Spain.
  • Shigeru Iwakabe (2008, June). (Discussant). Emotional change processes. (moderator Leslie Greenberg). Symposium presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Barcelona, Spain.
  • 岩壁茂(2008): クライエントの変容プロセスを記述する同化分析 ー 統合的実践の準拠枠.pp.381-398.小山充道(編著)「必携 臨床心理 アセスメント」 金剛出版.
  • 岩壁茂・金沢吉展 (2008) 心理臨床家の職業的発達に関する調査から:-(5)臨床業務を行う現在の動機に関する質的分析- 日本心理臨床学会第27回大会
  • 岩壁茂・金沢吉展(2008) 心理臨床家の職業的発達に関する調査から:-(6) 心理臨床に関する見方の変化に関する質的分析-日本心理臨床学会第27回大会
  • 岩壁茂 (2008). 女性臨床家とクライエントとの“ミスマッチ”について日本心理臨床学会第27回大会 自主シンポジウム 「心理臨床家の教育・訓練をめぐる課題について(2)」
(2007年)
  • 岩壁茂(2007):カウンセラー・セラピストに求められる資質.pp.44-51. 金沢吉展(編著) 「カウンセリング・心理療法の基礎」有斐閣.
  • 岩壁茂(2007):スーパービジョン.pp.60-s69. 金沢吉展(編著)「カウンセリング・心理療法の基礎」.有斐閣.
  • 岩壁茂(2007):カウンセリング・心理療法の過程.pp.121-162. 金沢吉展(編著)「カウンセリング・心理療法の基礎」.有斐閣.
  • 岩壁茂(2007):カウンセリング・心理療法の効果.pp.163-187. 金沢吉展(編著)「カウンセリング・心理療法の基礎」.有斐閣.
  • Iwakabe, S., & Kanazawa, Y. (2007, June). Trainees perception of impaired peers in clinical psychology programs in Japan: A qualitative study. Paper presented at the annual meeting of the Society for Psychotherapy Research. Madison, Wisconsin.
  • Iwakabe, S. (2007, July). Therapeutic failures: A framework for understanding therapist’s mistakes. Paper presented at the annual meeting of the Society for the Exploration of Psychotherapy Integration. Lisbon, Portugal.
  • Kanazawa, Y., & Iwakabe, S. (2007, June). Impaired trainees in clinical psychology programs in Japan: A qualitative study on instructors’ view. Paper presented at the annual meeting of the Society for Psychotherapy Research. Madison, Wisconsin.
  • 金沢吉展・岩壁茂 (2007) 心理臨床家の職業的発達に関する調査から:-(3)臨床家を志す動機に関する質的分析- 日本心理 臨床学会第26回大会
  • 岩壁茂・金沢吉展(2007) 心理臨床家の職業的発達に関する調査から:-(4)職業的発達の契機に関する質的分析-日本心理臨床学会第26回大会
  • 岩壁茂 (2007). 指定討論者.日本心理臨床学会第27回大会 自主シンポジウム 「心理臨床家の教育・訓練をめぐる課題について」
(2006年)
  • 金沢吉展・岩壁 茂「心理臨床家の専門家としての発達、および、職業的ストレスへの対処について:文献研究」 明治学院大学心理学部付属研究所紀要、4号、2006年3月、pp. 57-73.
  • 金沢吉展・岩壁 茂 「心理臨床家の職業的発達に関する調査から:(1)臨床家としての自己評価に影響を与える要因について」 日本心理臨床学会第25回大会、2006年9月 (同大会発表論文集、p. 234)
  • 岩壁 茂・金沢吉展 「心理臨床家の職業的発達に関する調査から:(2)心理臨床家の直面する困難とその対処法について」 日本心理臨床学会第25回大会、2006年9月(同大会発表論文集、p. 235)
(2005年)
  • Fitzpatrick, M., Stalikas, A., & Iwakabe, S. (2005). Perspective divergence in the working alliance. Psychotherapy Research
  • 岩壁茂.(2005):心理療法の効果測定 — 初回面接の実践効果研究.臨床心理学,5, p.123-128.
  • 岩壁茂 (2005) :効果研究.下山晴彦(編)「臨床心理学の新しいかたち(pp.180-202)」誠信書房.
  • Iwakabe, S. (2005). Fears and anxieties of beginning therapists in Japan. Paper presented at the annual meeting of The Society for Psychotherapy Research, Montreal, Canada.

学会社会活動

【 社会活動 】

  • 2011年5月Pragmatic Case Studies in Psychotherapy 編集委員
  • 2011年1月Canadian Journal of Counselling 編集委員
  • 2012年1月British Journal of Guidance & Counselling 編集委員
  • 2010年10月- 2011年6月The Society for Psychotherapy Research 大会プログラム委員
  • 2010年4月臨床心理学 査読委員

【 所属学会 】

  • Ameraican Psychological Associatio
  • The Society For Psychotherapy Research
  • The Society for the Exploration of Psychotherapy Integratio
  • 日本カウンセリング学会
  • 日本心理臨床学会
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter