ページの本文です。

刑部育子(ぎょうぶいくこ)准教授

2016年6月22日更新

教員紹介

刑部育子(ぎょうぶいくこ)准教授教室
 

専門分野

幼児教育学・発達心理学・学習科学

研究テーマ

保育実践におけるビデオ研究

担当科目

【 学部 】

児童学概論、人間生活論、人間関係学、保育臨床学、保育臨床実習、保育臨床研究演習、発達臨床学特別実習 II、発達臨床論文演習 I、発達臨床論文演習 II

【 大学院 】

保育臨床学特論、保育臨床学演習、保育実践論特論、保育実践論演習、幼児教育論、幼児教育論演習

プロフィール

【 職歴 】

川村学園女子大学文学部心理学科助手、
公立はこだて未来大学システム情報科学部情報アーキテクチャ学科講師、
お茶の水女子大学生活科学部人間生活科学科発達臨床心理学講座助教授を経て、
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科人間科学系人間発達科学専攻(保育・児童学コース)准教授

【 学位 】

博士(学術)

主な業績

  • 刑部育子 (1995) 子どもの「参加」を支える他者— 集団における相互作用の関係論的分析 — . 東京大学教育学部紀要, 第34巻, pp. 21-30. (本論文は東京大学教育学部紀要とともに、教育学論説資料(1999), 第15号第一分冊(教育学一般)pp.69-73にも掲載。)
  • 刑部育子 (1998)「ちょっと気になる子ども」の集団への参加過程に関する関係論的分析. 発達心理学研究, vol. 9(1), pp. 1-11.【 日本発達心理学会論文賞受賞 】
  • 刑部育子(2001) 刑部論文(1998)に対する意見論文にこたえて. 発達心理学研究, Vol. 12(2), pp. 150-152.
  • 刑部育子(2002)ビデオデータを用いた保育場面のエスノメソドロジ−的分析. 野嶋栄一郎(編), 教育実践を記述する—教えること、学ぶことの技法, 金子書房, pp. 102-114.
  • 刑部育子 (2006) 動くことと見ることの同時性. 日本デザイン学会 Vol.13-3 pp. 36-39.
  • Gyobu, I. & Toda, M. (2008). Scene-Commentary Device: A Tool for the Immediate Reflection over Observed Episodes, Proc. of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (ED-MEDIA2008), 5635-5639.【 受賞論文 】
  • Gyobu, I., Toda, M., Uemura, T., & Kudo, Y. (2009). Tool for Collective Analysis of Visual Scenes in Moving Activities, Proc. of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (ED-MEDIA2009), 4013-4018.【 受賞論文 】
  • 刑部育子・植村朋弘・戸田真志 (2010). ビジュアルシンキングを支援する行動観察ツール:CAVS (Tool for Collective Analysis of Visual Scenes in Moving Activities) のコンセプトと使用法. 日本発達心理学会第21回大会 企画委員会主催講習会WS講師. (3月28日神戸国際会議場)
  • 刑部育子 (2011). 「見る」と「見える」:ビデオツールCAVSceneの開発と活用を通して. 『日本保育学会大会論文集』, 64, 45.
  • Gyobu, I. (2011). How to make a video discussion a "conference"? Proc. of International Society for Cultural and Activity Research (ISCAR2011).


【 ビデオツールの開発と製品化・事業化 】

商品名: CAVScene(ビジュアルシンキングを支援する行動観察ツール・CAVScene搭載ノートパソコン. 販売元: 株式会社インターネットテレフォン

学会社会活動

  • 日本保育学会
  • 日本発達心理学会
  • 日本教育工学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本認知科学会会員
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • facebook
  • twitter