ページの本文です。

方針と特色

2016年6月7日更新

講座の目的

本講座は、発達臨床心理学を柱として、人の一生に関わる成長を理解し、支援できる人材の育成を目指します。人と触れ合いたい、人の役に立ちたい、自分を理解したいという学生の気持ちを生かしつつ、学問に導きたいと考えています。

自己理解を深め、現場にかかわり、そこで有用な働きのできる人材として機能できるように、講義や演習・実習を通じて、多様な学びの機会を設けています。そのためにまず、臨床心理学・保育学の基礎を理解します。

また、幅の広い人間と社会に関わる教養を身に付けます。それらを通して、心理カウンセラー・保育者・教員の養成にも力を入れています。

講座の特色

ライフサイクルの中で人を理解します。そこから、臨床的実践的な関心を学問的知見に裏付けられた形あるものにしていきます。

そこで、実際の現場での体験とともに、臨床心理学・保育学の方法論について実際の現場での子ども理解や観察実験や面接・心理テスト・質問紙といった手法や統計やコンピュータなどの学習に力を入れます。

また、数多くの本を読み、レポートを書くことになります。

発達臨床心理学講座を志望する人へ(アドミッション・ポリシー)

  1. 心理カウンセラーになりたいという人に基礎教育を提供します。臨床心理士資格は大学院進学後です。
  2. 保育スペシャリスト(保育行政・保育関連のNGO、子ども関連企業など)を目指す人に。子どもや育児への興味、関心をキャリアに生かしたい人。
  3. 保育者や先生になりたい人。
  4. 臨床心理学・発達心理学・教育心理学・保育学などの研究者になりたい人。やはり大学院進学が必要です。
  5. 人が好き、付き合うことが好き、観察するのが好き、ボランティアなど手助けすることが好きな人を歓迎します。
  6. 自分のことを知りたい、でもそのために、他の人と話してみたい、学問での法則を分かりたいと思う人にも向いています。
  7. 勉強が好きな人、本を読むのが好き、社会の活動に熱中する人、人間について深く広く考える人、科学の目で人間をとらえてみたい人、等々。

編入学制度の案内

学部の3年次への編入が可能です。

臨床心理学・保育学の基礎の試験を行い、その合格者について面接を行います。面接では発達臨床心理学をなぜ学びたいのかその考えを聞かせて下さい。短大・大学で2年までの単位を履修予定の方は受験資格があります。

学部で臨床心理学・保育学を専攻していない場合、編入学制度を利用する方もいます。過去の入試問題については、入試チームにお問い合わせください。

大学院コースの案内

大学院博士前期課程・人間発達科学専攻の「発達臨床心理学コース」または「保育・児童学コース」がおもな進学先になります。

詳細については、大学院のHPをごらんください。
「発達臨床心理学コース」では、研究者の養成とともに、臨床心理士の養成をしています。臨床心理士の養成の第1種指定校ですから、前期課程修了とともに臨床心理士の受験資格が得られます。

「保育・児童学コース」は、実際の保育や教育の現場における課題をもとに研究していくコースで、大学から直接進学する人と、現場経験のある社会人とが、ともに学びあう特色があり、昼間と夜間の両方で開講されています。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加