ページの本文です。

カリキュラム紹介

2016年6月7日更新

カリキュラム紹介

1年次

専門の基礎を学ぶために、基礎的な文献の購読や簡単な実習を行い、またコア科目(一般教養)の内、語学や基礎講義などのコマ科目を履修します。

2年次

専任教員の講義を中心に幅広く、発達臨床心理学の知見を学んでいきます。基本となる 知識を身に付けます。

3年次

ゼミ形式の授業を中心に専門を深めます。

4年次

卒業論文を重視しています。就職や大学院受験の準備と並行して、ごく 少人数のゼミで綿密な指導が行われます。

研究法・実習・演習科目

研究法や実習・演習に力を入れています。1年から3年にかけて、 臨床心理学・保育学の様々な方法について学びます。実習は2年次から選択履修します。カウンセリング、心理テスト、知能テストの基礎、保育所・幼稚園の観察実習を行います。

インターンシップ実習では、保育所・幼稚園・小中学校、養護学校での保育や教育、特別支援教育、スクールカウンセリング、校内メンタルヘルスに関わる等、様々なプログラムが用意されています。3年次の演習では、論文を読む力の育成や卒業論文の計画力などを養います。

カリキュラム表

※H24年度カリキュラムより

  主プログラム 強化プログラム
  講義科目 演習科目 講義科目 演習科目
1年次
以降
人間生活論
児童学概論
生活社会科学概論
生活文化学概論
発達臨床心理学 I
人間関係学
発達臨床基礎論 I・II
発達臨床基礎演習 I・II    
2年次
以降
発達臨床心理学 II 発達臨床人格検査法
発達臨床観察法
保育臨床学
学校臨床学
保育学
障害臨床学
発達過程論
カウンセリング論
心理臨床学
家族療法
発達保健学
発達社会文化論
人格心理学
児童社会文化論
発達臨床特殊講義 I・II・III
産業心理臨床
児童文化論
発達臨床心理学専門英語
保育臨床実習
質問紙法
面接法
3年次
以降
心理統計法(理論) 心理統計法(実践)
講義講読
研究演習
  心理臨床実習
発達臨床学特別実習 I・II(インターンシップ)
4年次
以降
  発達臨床論文演習 I・II
卒業論文
   
  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加