ページの本文です。

卒業生の進路

2016年6月14日更新

本学科は2004年4月より管理栄養士養成施設として認定されています。
卒業後は栄養士の免許が取得でき、さらに管理栄養士国家試験の受験資格が得られます。栄養教諭一種免許状、食品衛生管理者、食品衛生監視員の資格も取得できます。さらに大学院で専門教育を受け、研究を継続する道が開かれています。主な進学先は、人間文化創成科学研究科(博士前期課程)ライフサイエンス専攻(修士課程2年)の食品栄養科学コースです。その後、博士課程への進学希望者には、人間文化創成科学研究科(博士後期課程)(博士課程3年)ライフサイエンス専攻の食品栄養科学領域が用意されていています。
また、卒業生の就職先は官公庁(農林水産省、厚生労働省、東京都、文京区など)、企業(食品会社、飲料会社、香料会社、家電メーカーなど)、学校関係など広い分野にわたり、研究開発、教育、医療保健、営業など専門を生かした多彩な活躍が期待されています。

  •  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加