教授  鈴木 恵美子  Emiko SUZUKI  

応用栄養学研究室 ~Applied Nutrition Laboratory~

 
 ■主な研究課題  

     果物や野菜に比較的多く含まれているビタミンCは、抗酸化効力を持っているビタミンです。
      このビタミンCを中心に研究を行っています。

     ◆ビタミンCと糖尿病
      *糖尿病合併症の発症予防、進行遅延・阻止

     ◆ビタミンCとアンチエイジング
      *活性酸素種の消去と酸化ストレスの低減化

     ◆ビタミンCと受動喫煙

     ◆ビタミンCの構造と生理機能



    ■
代表的な卒論・修論題目 


      ◆卒論                             

       ・糖尿病ラットにおけるアスコルビン酸の体内動態
       ・ラットに対する2,3-ジケトグロン酸の影響
       ・アクリルアミドの生成抑制
       ・受動喫煙による酸化ストレスの影響
       ・コーヒー摂取が糖尿病ラットに与える影響

      ◆修論  

       ・培養細胞系におけるアスコルビン酸の動態に関する基礎研究
       ・ラット脳内抗酸化物質に及ぼす酸化ストレスの影響



    ■
主な担当授業科目 
 
      生化学、ライフスタイル栄養学、応用栄養学実習等