本文へスキップ

お茶の水女子大学 応用栄養学教室 生活習慣病講座

応用栄養学教室 生活習慣病講座

ようこそ、応用栄養学教室 生活習慣病講座のホームページへ。


この研究室は2010年4月にできた研究室です。

肥満、糖尿病、高脂血症、メタボリックシンドロームなどは典型的な生活習慣病であり、その発病と進行には食生活・身体活動などの因子が密接に関与しています。本研究室では、分子生物学的手法から臨床疫学的手法にいたるまで幅広い研究手法を用い、生活習慣病の予防・治療開発をテーマとし、食生活・身体活動などの観点から広く研究に取り組んでいます。また身体活動と関連して運動やスポーツにも注目し、運動時の様々な生体内での変化についても併せて研究を行っています。

news

  • 「東京栄養疫学勉強会」のお知らせ

    この研究室では、東大の社会予防疫学研究室の佐々木教授のご指導の元、有志たちが勉強会を定期的に開催しています。外部からの参加もOKです。興味がある方はご連絡下さい。(詳細はこちら
  • 第70回日本栄養・食糧学会大会に演題5題を発表します。

  • メンバー更新

    2016年度の新メンバーが加わりました。

一覧を見る

Laboratory of Applied Nutrition and Lifestyle Medicineお茶の水女子大学

〒112-8610
東京都文京区大塚2-1-1 
お茶の水女子大学 人間文化創成科学研究科 ライフサイエンス専攻 応用栄養学教室